プレコを観察したい【ちょっとした工作をしてみました】

暑さがひと段落してまた長袖の生活に逆戻りです。

一気に涼しくなりました。

気温も23度くらいですし、このくらいが過ごしやすいですね。

ところで気象庁の3か月予報によると、どうも梅雨は普通にくる可能性が高いようです。

ただ気温は高くなりそうですね。

特に8月は気温の高い日が多そうです。

夏本番に熱波がやってくるのかもしれません。

この二階建ての新しい家での初めての夏。

8月の暑さに耐えられるのか。

暑さへの挑戦がじりじりと忍び寄っています。


プレコを観察するために

プレコが見えるようにしたい

最近この問題に取り組んできました。

こんなものを水槽に入れて中にプレコが入るのを期待したりしました。

プレコ水槽オブジェ20170520

しかしダメ。

次の対策としてこんなものを作ってみました。

オブジェ120170526
オブジェ220170526

透明とグレースモークのアクリル板をアクアリウム用の接着剤で接着しました。

なお、本ブログを利用したことで発生するいかなる損害も筆者は一切責任を負いません。作業は自己責任でお願いします。

段の部分にグレースモークのアクリル板を使いました。

透明よりは影ができて隠れやすいかなと考えての選択です。

また隠れやすいように段の高さを約3センチにして、以前の小物より狭くしました。

狭いほうが隠れやすいだろうと考えての選択です。

とりあえず水槽に入れてみました。

まずは水槽正面です。

オブジェ正面配置20170526

………隠れない。

めげません。

次はここ。

オブジェ裏右その120170526

しかしプレコはヒーターとコードが作るもっと狭い場所のほうがいいようで、やはり効果なし。

次はここ。

オブジェ裏左その120170526

ヒーターのすぐ後ろのスポンジフィルターの隣。

そこでついに!

オブジェプレコ120170526

隠れました!!!

これを見つけた瞬間はうれしくて心の中でガッツポーズです。

しかしプレコはずっとここにとどまっていることはせず、またどこかへ行ってしまいました。

まあプレコの大好きなヒーターの陰はヒーターを上のほうにずらすことで隠れられないようにしたので、もう普通に隠れないプレコは見えるようになりました。

プレコヒータ下20170526

この辺でもういいかもしれません。

しかし、ここ最近隠れるプレコを観察してきてわかってきたことがあります。

プレコは3センチよりももっと狭い位置に隠れる

ということです。

入口は3センチくらいあっても、その先が2センチとか1センチくらいのほうがよく隠れます。

我が家のプレコ達はタイガープレコがほとんどなのでそのくらいの大きさのプレコ限定の話ではありますが。

これを踏まえて工作第二弾を計画中です。

自分が作ったものにプレコが隠れた時かなりうれしかったのでまた作ってみようと思います。

もっと段の高さを狭くしたらどうなるのか。

楽しい工作に夢は膨らみます。


今日の一枚

今日の話題の中心。タイガープレコです。

オブジェプレコ220170526
ここ

ちょっと気になったから入ってみた。

なんか新しいお店があると入ってみたくなるってやつ。

またここに来るかは

ちょっと試してから決めようっと。

え?居心地はどうかって?

なんかちょっと広すぎるかも。

もう少し入り組んで狭いほうがいい。

うーん。

少しヒレを動かしてみた感じは悪くない。

上も下も移動するのに十分。

でも狭さがいまいち。

とりあえず今日は見るだけにして

帰ってからどうするか決めようっと。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

 

ベタ水槽のコケは隣の水槽できれいになりました

暑いんです。

家の中がもわっとしています。

まだエアコンは使いません…。

………。

無理でした。

寝るときにタイマーにしてエアコンを使っています。

さすがにこの暑さは寝苦しくなります。

連日30℃くらいになります。

まだ5月なのに…。

これから6,7,8月はどうなってしまうのか。

エアコンの二台目の足音が忍び寄っています。


ベタ水槽のコケはきれいになりました

以前ベタ水槽がこんな感じになっていました。

ベタ水槽コケ20170522

コケがひどいので隣の45cm第二水槽に水草を派遣しました。

水草はすべて流木に活着させてあるのでソイルに根を張っておらず、簡単に派遣できるのです。

コケた水草派遣20170522

効果は…。

ありました。

こんな感じに。

水草きれい20170524

少し残っている部分もありますが、かなりきれいになりました。

派遣中、45cm第二水槽を観察していると、どうもサイアミーズがコケをかじっているようでした。

つまりベタ水槽のコケは黒髭コケ系なのかもしれません。

ヤマトヌマエビもツマツマしていたのでそれだけではないようですが、これでベタ水槽のヤマトヌマエビが仕事をしないのがなんとなくわかりました。

コケが黒髭コケ系なのでヤマトヌマエビが食べないんですね。

ベタ水槽にサイアミーズを入れたらどうだろう

少し考えました。

でも隣の45cm第二水槽の巨大なサイアミーズが小さめのベタ水槽にドンっと入っているのを想像すると。

ないなー

という考えに至りました。

しょうがないのでベタ水槽にまたコケが蔓延したら、隣の45cm第二水槽に派遣するようにします。

これもベタ達のおだやかな生活のためです。

多少の面倒には目をつむりましょう。

ベタ20170524

健康に長生きしてくれよ。ベタさん。


今日の一枚

プレコ水槽のオトシンクルスです。

オトシン20170524
ここは

ちょっと休憩するのにちょうどいい。

他の魚はやってこないし

程よい流れもいい感じ。

ここで夜を明かすこともある。

飼い主はここに僕がいるとうれしいらしい。

ここに魚がちょこんと乗っているのが見たかったんだって。

夜みんなが寝静まるころ

飼い主は間接照明の明かりを遠くで点けて

その明かりでこっそり僕たちをのぞいているらしい。

あんまりジロジロ見られるのは好きじゃない。

ほどほどにしてね。

それじゃあ

今日もコケを求めて旅立つぞ。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

 

ベタ水槽のコケ、隣の水槽できれいになるかな?

昨日、一昨日と気温が一気に上がって暑い2日間でした。

暑いのは嫌ですねえ。

居間にはエアコンがなく、扇風機からぬるい風が送られてくるばかりです。

エアコン2台目がそろそろ来るのか…。

もう少し様子をみてから検討ですね。

梅雨に入るともう少し気温が下がると思うんで、そこで小休止といったところでしょうか。

5月でこの暑さ…。

7月、8月になったらいったいどうなってしまうのか。

今から心配せずにはいられません。


水草がコケまみれに【隣の水槽に派遣しました】

ベタ水槽に蔓延するコケ。

ベタ水槽コケ20170522

ベタ水槽のヤマトヌマエビはもうコケ取りを諦めたのでしょうか。

コケは増えるばかりです。

酢でもダメ。

手でちぎるのも無理。

何か方法はないかと思ったのですが、いい案が浮かびませんでした。

そこでとりあえず隣の45cm第二水槽のヤマトヌマエビにこのコケを託すことにしました。

コケた水草派遣20170522

このくらいしか現状できることはないような気がします。

これでしばらく様子を見るしかありません。

なんとかしてくれ、ヤマトヌマエビ。

頑張るんだ、ヤマトヌマエビ。

水草の派遣がうまくいくことを祈るばかりです。


隠れ家を期待したオブジェを撤去

プレコ水槽に入れたこのオブジェ。

プレコ水槽オブジェ20170522

全くプレコに相手にされないので撤去することにしました。

ついでに水換えもしました。

プレコ水槽フン20170522

相変わらずフンがすごいスピードで溜まります。

オブジェを撤去したらいつもの風景が戻ってきました。

プレコ水槽元通り20170522

全く機能しないオブジェが水槽のかなりの容量を占めていたので、水槽の中が窮屈になっていました。

撤去するのもしょうがないですね。

いつものプレコで占めたいと思います。

タイガープレコ20170522

このアングルから見てもあんまり楽しくないんですけどね。

いつもの見慣れた風景です。


今日の一枚

グッピー水槽の白コリです。

白コリ20170522
敷き詰められた砂利の上に

白い小型のナマズが4匹。

同じ方向を向いているのは

果たしていったい何のためか。

それはさっぱりわからない。

偶然なのか、

示し合わせているのか。

当の本人にしかわからない。

水槽の外から眺める者には

理由を想像することしか

できはしない。

やつらはいったい

何を見つめているのだろう。

時折目をクルっとさせるとき

果たして私は見えているのか。

疑問がわいても気にしない。

ただ珍しい瞬間を

たくさん集めて保存しよう。

理由はわからないけれど

わからなくてもいいのだから。

敷き詰められた砂利の上に

白い小型のナマズが4匹。

今日も元気に暮らしています。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

 

プレコを見える位置に引っ張り出したい【色々実験しています】

暖かさを通り越して暑さを感じるようになりました。

エアコンはまだつけません。

窓を開けて我慢です。

しかし部屋の温度計は28度を示していました。

我慢の限界が来るのはそう遠くないでしょう。

ところでらんちゅうの青子なんですけど、

最近10匹の中の1匹が色変わりしてきました

らんちゅう色変わり20170520

オレンジっぽくなってきています。

色変わりをしてフナのような灰色からカラフルになっていくのを見ていくのは、なんだか楽しいです。

他のらんちゅうたちも色が変わってくるんでしょうかね。

今から楽しみです。

らんちゅうは我が家の水槽で今一番過保護に育てています。

一日二回のエサやりと2日か3日に一度の水換えは欠かせません。

アンモニア濃度も毎日測っています。

手探りながらそれでここまで来ました。

もっと長生きさせられるようこれからも頑張ります。


プレコが見えるようにしたい

プレコ水槽にオブジェを追加してそこにプレコが来ないかなあと期待していたのですが、プレコはさっぱりやってきません。

タイガープレコ20170520

いつもスポンジフィルタ―のスポンジの下か、スポンジと流木の間あたりにいます。

要するに見える位置に隠れないのです。

隠れるというのは相手から見えない位置に身をひそめるということなので何やら矛盾しているような話なのですが、

見えるように隠れてほしいというのはプレコを飼っていると自然に出てくる悩みです。

見えないと飼ってる感覚がなくなってきて楽しくないのです。

プレコハウスに入っていたりするんですけど、もう少し見える位置に来てくれないかなあと私は考えました。

そんなとき最近100均でこんなものを見つけました。

水槽に入れてみました。

プレコ水槽オブジェ20170520

断っておきますが、

本ブログを利用したことで発生するいかなる損害も筆者は一切責任を負いません。作業は自己責任でお願いします。

この4つのスペースにプレコが入ってくれたら楽しいだろうなと期待してしばらく水槽に入れておきました。

結果は…

見向きもしません。

完全に失敗です。

もう少し狭くないとダメなのかもしれません。

いつもプレコが隠れている隙間は大体高さ2~3センチくらいなのに対して、この容器の一つの区画の高さは約5センチ。

隠れる場所として認識されていなんでしょうね。

もう少し何とかしたいのですが、他の対策はまたそのうちやってみたらお伝えすることにします。

プレコを鑑賞するのは難しいです。


今日の一枚

田砂→コリドラス水槽のコリドラス・ステルバイです。

ステルバイ20170520
え?

写真?

いいけど。

かっこよく撮ってよね。

モフモフ。

モフモフ。

ああ忙しい。

上でマーブルグラミーが戦っていようが

ブラックファントムテトラが小競り合いをしていようが

やることは一つ。

モフモフ。

モフモフ。

これがコリドラスとして生きるということ。

さあ君もやってみよう。

モフモフ。

モフモフ。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

 

ベタ水槽に泡が溜まる…【泡巣ではないらしい】

最近ベタ水槽の角の水面付近にが溜まるようになりました。

ベタ水槽泡120170518
ベタ水槽泡220170518

ベタの泡巣ではないようです。

少し調べてみるとこの泡は水槽の低床付近に溜まった汚れに雑菌がわいて発生するらしいです。

つまり低床が汚れているということです。

前回の水換えから一週間経っていないんですけど水換えをすることにしました。

ベタ水槽水換え後20170518

水換えをしたベタ水槽です。

コケがひどいんですけど、ヤマトヌマエビがあまり仕事をしません。

水草がやられています。

ベタ水槽コケ20170518

酢でもダメ。ヤマトヌマエビでもダメ。

正直お手上げです。

まあ魚とヤマトヌマエビは健康そうなのでいいんですけどね。

ヤマトヌマエビ20170518

でもきれいな水草水槽はあきらめたほうがいいかもしれません。

ところで水換えをする原因になった水槽の角の泡ですが、ソイルだとどうしても発生しやすくなる気がします。

ソイルは基本ガサゴソと粒の汚れを取ったりしません。

ガサゴソやるとソイルが砕けてしまうからです。

そうすると残りエサなどが水底に溜まっても放置するしかなく、それが泡を発生させます。

ソイルにはこういう弱点もあるんですね。

ソイルは扱うのが難しいです。

とはいえ水槽をセットしてしまったからには今からリセットするのも嫌なのでこのまま地道にこの水槽を維持していくしかありません。

きれいな水槽っていうのは難しいですね。


プレコ水槽を少しいじってみました

プレコ水槽のレイアウトを変更しました。

レイアウトを変更した水槽がこんな感じです。

プレコ水槽全体正面20170518

水槽の後ろ側から撮影した写真がこちら。

プレコ水槽裏20170518

本来はここに観葉植物を置くためのものみたいですが、今回は石に巻き付けたミクロソリウムと大磯砂に植えられたブリクサを置きました。

現在プレコを流木の隙間からどうやって鑑賞できる位置に引っ張り出そうかと考え中です。

今回のレイアウト変更はそのような考えから実施しました。

ミクロソリウムは45cm第二水槽から持ってきました。

45cm第二水槽のミクロソリウムの根っこをぶちっとやって株を二つに分離させたら小さい株が葉っぱの表面から出てきたんです。

ミクロソリウムは過酷な環境に陥ると新しい株を生やすといわれているので根を痛めつけたのが子株発生の原因だろうと思います。

ブリクサは45cm第一水槽にあったものを一株はいしゃくしてきました。

大磯砂を使ったのは水質の変化を少なくするためです。

ソイルだとPHに影響がありそうだったのでやめました。

ベアタンクで低床がない環境をできるだけ壊さないよう大磯砂を使いました。

本当はこのオブジェにプレコがちょこんと乗ってくれるとよかったのですが、我が家のプレコは低くて狭い場所をとにかく好むようでその試みは失敗だったようです。

まあ水槽の水面付近はスペースが余っていたので、新しいものが配置されても飼育上たいして影響はありません。

たまにオトシンがここにちょこんとしているのでよしとしました。

もう少し何か配置してプレコが鑑賞できる位置に来てくれるようにしたいですね。

ただし、本ブログを利用したことで発生するいかなる損害も筆者は一切責任を負いません。作業は自己責任でお願いします。


今日の一枚

田砂→コリドラス水槽のマーブルグラミーです。

マーブルグラミー20170518
水槽が大きくなった。

しかしライバルとの小競り合いは相変わらず続いている。

水槽が大きくなっても

争いはなくならなかった。

今日もあいつが私の縄張りに侵入してくる。

私はそれを迎え撃つ。

あいつが物陰に引っ込むまで

私たちは争い続ける。

私は悟った。

私たちはお互いがいる限り

争い続けるしかないのだと。

もう何も望まない。

ただあいつと

戦うだけだ。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

プロフィール

トモキ

Author:トモキ
ガーデニングは苦手ですがアクアリウムは好きです。悩んだり癒されたりする水槽との日々を書いていく予定です。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター