fc2ブログ


本ページはアフィリエイト広告を利用しています

 

グッピーの保護活動

我が家ではグッピーの稚魚を水槽から専用の容器に入れることを保護活動と呼んでいます。
稚魚が見つかったら保護活動をします。
水槽に稚魚をすくう網を入れて稚魚を捕まえて専用の容器に入れます。
そんなことを繰り返しているうちに稚魚は増え続けこんな感じになりました。

グッピー稚魚20160817

だいぶ増えましたね。
これが全部育ってくれればいいのですが……。
この前うっかり容器を倒してしまって容器上部のスリットから稚魚が逃げてしまいました。
稚魚は瞬く間に親グッピーたちにパクパク食べられてしまいました。
ものすごくがっかりしました。
気を取り直してまた保護活動をして稚魚の数はもとに戻ってきました。
またこの悪夢が繰り返さないことを祈るばかりです。
今回は稚魚の保護率をさらに高めるために稚魚を生んだ親グッピーを産卵箱に入れて保護活動をすることにしました。
しかしこの産卵箱、稚魚が落ちる下側にあるスリットの幅が広すぎて稚魚が落ちてしまうことがわかりました。
色々試した結果サランラップで産卵箱の下側を覆うように改良しました。
↓がその産卵箱です。

産卵箱20160817

グッピー増加のためこれからも保護活動を続けて行きたいと思います。

今日の一枚。

グッピーオス20160817

セリフは
「見て見て!僕ってきれいでしょ。それ以外は言わせないよ」
です。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

プロフィール

トモキ

Author:トモキ
お越しいただきありがとうございます。
アクアリウムや日々の出来事を綴ります。

兄弟ブログ


にて7年間で身につけた技術や気づきについてまとめています。
よろしければそちらもどうぞ!

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター