FC2ブログ

 

やっぱりコリドラスの稚魚は難しい

もうすぐ年末です。

そろそろ大掃除か、などと考えている今この時期に

多くの人が手に入れるものがあります。

それは…

「来年のカレンダー」

です。

今年の我が家ではカレンダーを特別に買うということはほとんどありませんでした。

なぜなら会社の宣伝用に配られるカレンダーをたくさんもらったから。

もらいすぎて部屋に来年のカレンダーが3つ。

…。

もういらない。

でも

「もったいない」

って思っちゃうんですよね。

「なかなか物が少ない生活というのは難しいなあ」

360度どこから眺めても日付がわかるようになった部屋で、

一人そんなことを思うのでした。


とうとう残り3匹に

コリドラスの稚魚が生まれて喜んでいたのもつかの間。

生まれた稚魚はどんどん動かなくなってしまい、とうとう3匹を残すだけとなってしまいました…。

現在の稚魚がこちら。

コリドラス稚魚20171208

親水槽内の稚魚ケースからプラケースに飼育場所が移っています。

稚魚ケース内で生まれた稚魚たちは生まれた次の日あたりからポロポロと落ちだしました。

ケース内には親水槽の緑ゴケが進出してきました。

このままここで育てても前の二の舞だろうと判断し、急きょプラケースに稚魚たちを移動させました。

プラケース全体20171208

しかし急激な水質の変化が災いしたのか、それでも稚魚はどんどん落ちていきました。

そしておそらくこれが止めになったのでしょう。

孵化から3日経ったのでアルテミアを与えてみました。

するとどうも与えすぎたらしく、プラケース内の水が濁り始めました。

しかもアルテミアがプラケースの底に沈殿し、スポイトで取ろうにも多すぎて完全にきれいになりません。

スポイト20171208

それがろ過の効いていない水で有害なアンモニアなどに分解され、稚魚にダメージを与えたのでしょう。

水換えは頻繁にやったんですけどね。

それ以上に水が汚れていたのでしょう。

移動による水質の急変と移動後の水質悪化が重なって稚魚はほぼ全滅。


やっぱりコリドラスの稚魚は難しいです。

次にコリドラスが産卵した場合は、最初からプラケースで孵化させて、アルテミアの量はごく少量にしてみます。

残念ですが、今は残った3匹が生き延びることを期待するのみです。

落ち込んでばかりもいられません。

次があったら頑張るしかないですね。


今日の一枚

45cm第二水槽のヤマトヌマエビです。

ヤマトヌマエビ20171208
佐々木君このウィローモスきれいにしといて。

わかりました。

あ、田中先輩ミクロソリウムにコケ生えてきてるんですけど

コケ取りしておいたほうがいいですかね?

いやいや、これ黒髭コケだよ。

私たちの管轄じゃないから別にやらなくていいよ。

わかりました。早速ウィローモスに取り掛かります。

よろしく頼むよ。
(はあ、新人の育成も大変だな)

……。

なんてヤマトヌマエビが話し合っているかは知る由もない。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモキ

Author:トモキ
お越しいただきありがとうございます。
ガーデニングというか植物を育てるのがなんとなく苦手で(じゃあ水草無理じゃん…)今まで避けてきたんですが、このたび家庭菜園で野菜を育て始めました。
これで水草の育成もばっちりに…。
なんてことはないか…。

アクアリウムや日々の出来事を綴ります。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター