FC2ブログ

 

ベタ水槽で水草を育ててみる実験

今日は冬至です。

一年で最も昼が短い日です。

まあ照明器具が発達した現代で、昼が短くて困ることなんてほとんどないですけどね。

もうすぐ夕飯か、と外を眺めた時に外が明るいか暗いかくらいの影響です。

これから昼が長くなるといっても1,2月は冬本番。

寒さはこれからが厳しいのです。

風邪をひいたり、雪道で滑って転んだりしないように気を付けないと。

経験上、毎年冬は一回くらいひどい風邪をひくんです。

明後日はクリスマス・イブ。

ケーキとチキンを逃さないように、あと二日だけもってくれ、体。

そのまま次の週ももってくれ。

ずーっともってくれ、春まで。

…。

そうなるように気を付けます。


ソイル+液肥+CO2で水草を育ててみる

ベタ水槽が最近寂しいのです。

ベタを飼っているだけというか。

ベタ水槽前全体20171222

それはそれで悪くはないんですけど。

もう少しなんとかしたくなりました。

そこで考えたのが水草。

水草が茂っていれば調和のとれたきれいな水槽になるのではないか。

今まで水草がうまくいったのは45cm第一水槽。

第一水槽全体20171222

これは偶然うまくいった感じです。

今回は水草が育つと言われているソイルを使うのはもちろんなのですが、液肥とCO2も添加します。

要は水草によさそうなことをたくさんやれば、水草が順調に育つのではないかという発想のもと、実験的に色々添加して水草を育ててみようという話です。

使う液肥は二種類。

ADAの「ブライティK」と「グリーンブライティ・ニトロ」。

ブライティKがカリウムを、ニトロが窒素を供給します。

植物の三大栄養素と言われている窒素・リン・カリウム。

そのうちの窒素とカリウムを添加します。

リンを添加する液肥って聞いたことがありません。

魚に与えるエサから供給されるらしいので、これはいいかなと。

窒素もエサから供給されるらしいですけど、一応液肥を使ってみます。

今回はまずベタ水槽にソイルを追加しました。

ベタ水槽ソイル追加20171222

水草を植えることを考えて、少し厚めに敷きました。

次に植える水草ですが、45cm第一水槽のトリミングで出るロタラの余ったものを使うことにします。

いきなり育成が難しい水草を使う勇気はありません。

ところで、45cm第一水槽のトリミングがまだなので、今回はソイルを敷いただけです。

これから徐々に水草を植えて実験してみようと思います。

ベタ20171222

茂った水草の合間をベタが泳ぎまわる姿は見られるのか?

実験開始です。


今日の一枚

プレコ水槽のイエロースポットです。

プレコ20171222
いやー汚れてるね。

これは僕たちがエサを食べた証。

大自然だと溜まらないんだけどね。

水槽だと溜まるんだよね。

これのせいでこの水槽の水換えのペースは早い。

3日に一回くらい。

水換えをしている間は

隠れるところもなくなって

普段は隠れない

ヒーターの下とかに

必死で隠れる。

このとき僕たちにナワバリ争いはない。

このときだけは

水槽から争いがなくなる。

「フンがもたらす平和」

当事者はまったくその恩恵を得られない。

掴むことのできない幻の平和。


------ブログランキングに参加しています------
------よろしければクリックお願いします------
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

トモキ

Author:トモキ
お越しいただきありがとうございます。
ガーデニングというか植物を育てるのがなんとなく苦手で(じゃあ水草無理じゃん…)今まで避けてきたんですが、このたび家庭菜園で野菜を育て始めました。
これで水草の育成もばっちりに…。
なんてことはないか…。

アクアリウムや日々の出来事を綴ります。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター